講師:早見紗也佳、よこえ れいな
司会:仲本 拡史(映像作家)

▼8ミリフィルムで撮影から現像まで、手づくり映像 ワークショップ

概要
逗子アートフェスティバル2019の一環で、8ミリフィルムのワークショップを行います。

フルHDや4K8Kのデジタルだけが映像じゃない。 実はまだ『フィルム』という選択肢もあるんです!

スマートフォンやウェアラブルカメラ、ドローンなど、小さく高性能になったデジタル映像機器で撮影された映像に触れることが、当たり前の日常になりました。 そんな現代なので「まだあったの?」と、滅んだかのように思われている『8ミリフィルム』。 今でも8ミリフィルムを使っての映像制作、できるんです。

デジタルだけじゃつまらない。 「それしかできない」の思い込みの中にダイブして、ファインダーを覗き、古きも新しい映像メディアを再発見します。

チームに分かれて、逗子のまちをカラーの8ミリフィルムで撮影します。 撮影フィルムはみんなの手で現像をして、最後は上映会。 映写機にかけて、ここではじめて自分が撮影した映像とご対面です。

機材がなくても、8ミリフィルムを知らなくても大丈夫! 人も、映像も「はじめまして」って、とってもステキです。 手でさわって目で見て作る、8ミリフィルムで行う、てづくり映像ワークショップです。

日時
10月22日(火)祝日 10:45開場 11時スタート 19:30終了(休憩含む)
会場
黒門カルチャーくらぶ(逗子市新宿1-4-7))
定員
12名(先着順)


▼チケット情報
チケット
3,980円(当日精算)
チケット予約
(Peatix)


●参加者もちもの
・筆記用具
・エプロンもしくは、汚れても良い服(現像の際に液がとぶおそれがあります)
・水分、お昼ご飯


タイムスケジュール
11:00-12:00 レクチャー
12:00-13:00 休憩
13:00-15:00撮影
15:00-17:30 現像レクチャー/現像
18:00-19:30上映会







Zushi Art Films Project

Zushi Art Filmsでは、様々な芸術分野における、映像表現を話し合います。